服装や髪型について|家庭教師になれば、アルバイトでもたくさん稼げます

服装や髪型について

スーツの女性

家庭教師として意識しなければならないことは、保護者や生徒に対して良い印象をもってもらえるようにすることです。
単純に頭がいいとか教えるのがうまい以前の問題として、しっかり「身だしなみ」に注意していってほしいと思います。

では家庭教師の身だしなみとして何が一番適切だといえるのか?
基本的にルールは設けられていませんが、一般常識的な考えとして清潔感のある服装をすることが最も適切だと言えるでしょう。
家庭教師も接客業ですから、相手に不快感を与えるような見た目ではいけません。生徒や保護者が安心できるような見た目を意識していきましょう。

たとえば髪の毛についてですが、家庭教師のアルバイトをするんだったら黒色か濃いめの茶髪あたりがベストだといえます。男性は髪を短くし、女性は長い髪をくくったりすることでさらに清潔感と爽やかさが出ます。
服装でいえば、基本は明るめの色がいいでしょう。注意すべきポイントとして、女性は肌の露出を極力抑えた服装をすることがあげられます。
服装のデザインについては当然シンプルなものがいいです。派手なデザインや奇抜なデザインはあまり好ましくありません。

ちなみにスーツの方がいいのでは?という人もいるかもしれませんが、大学生のアルバイトですからそこまでする必要はないでしょう。
ただし社会人になってプロの家庭教師をする場合はスーツを着用することがあります。